• Out Line

     

     

    株式会社 Galitebe

    カブシキガイシャ ガルテンビ

     

    代表取締役

    柴田 悠平

     

    所在地

    大阪府堺市東区日置荘西町5ー28-11

     

    設立

    2018年 10月

     

    資本金

    200万円

     

    事業内容

    エチオピアコーヒーの

    直接輸入、小売り、卸売り

    代表紹介

    柴田 悠平

    1995年 8月8日生まれ

    大阪府堺市出身

    2013年3月

    大阪府立泉北高校卒業後、公務員試験を受け最終面接まで行くも15人中

             14位という結果に理解が出来ず東南アジアへ自分を見つめなおす旅に出る。

             特にスラム街や貧困の差が激しい地域に身を投げ、貧困を知る。

             その旅を通して自分は与えられる側ではなく与える側になりたいと思い始める。

     

     

    2016年4月

    父が癌で他界。21歳にして父の会社を任せられる。

             しかし自分のやりたいことを精一杯しろと父からの言葉を胸に会社をたたみ、

             今後、自分でなにか事業をしようと決心する。

     

     

    2016年11月

    東南アジアの旅で出会った友人の誘いで島根県 隠岐の島町にてカニ船に乗る。

             その資金をもとに世界の人やモノを見て回ろうとするが隠岐の島が気に入り、

             その友人と共にゲストハウス“KUSUBURU HOUSE”を開業する計画を立て始める。

     

     

    2017年4月

    ゲストハウス開業前にカニ船の資金を使い少数民族に会いに行こうとエチオピアへ行く。

    バンナ族の村で”ガルテンビ”という名前をもらう。

    現地で出会った友達と生活し、エチオピアのコーヒー文化を知る。

             エチオピアという国が大好きになる。そしてエチオピアと貿易がしたいと思い始める。

     

     

    2017年6月

    ゲストハウス”KUSUBURU HOUSE”を友人と開業。

    冬の期間はオフシーズンの為、休業。

     

     

    2017年12月

    コーヒーに狙いを定め、二度目のエチオピアへ。

    アポなしコネなしダメ元で交渉に行った結果、商談が成立する。

     

     

    2018年6月

    隠岐の島にてゲストハウスと並行してエチオピアとの

    貿易を始めようとするが、物流の面で究極の二択に迫られる。

             結果、友人にゲストハウス運営を任せエチオピアとの貿易を選ぶことに。

     

     

    2018年10月

    株式会社Galitebe を設立し、第一回目のコーヒー生豆(500kg)輸入が成功する。

×
事業者名      株式会社 Galitebe (カブシキガイシャ ガルテンビ)

所在地       〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町5-28-11

メールアドレス   galitebe@gmail.com

電話番号      080-1910-7414

ウェブサイトURL  https://www.galitebe.com

商品以外の必要代金 ・送料
          ・銀行振込手数料
          ・代引きの場合は代引き手数料

お支払い方法    ・銀行振り込み
          ・代金引換

引き渡し時期    注文確定日から一週間以内に発送。発送が遅れる場合には分かり次第ご連絡します。

返品・交換について 過度の劣化や破損、浸水があった場合には商品到着から24時間以内にご連絡ください。返品送料は当店が負担のうえ、良品と代えさせて頂きます。その他、お客様の都合による返品・交換は承っておりません。
×
利用目的
商品の発送の為、お客様の氏名、住所、連絡先をご提示して頂きますが商品の発送又はGalitebeからお客様への情報発信(告知メール等)以外には使用しません。

第三者への提供
ただし、以下の場合は適用除外となっていますので、本人の同意なく第三者提供を行う場合があります。
・法令に基づく場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人に同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき