•  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • Galitebe-ガルテンビ-

    ~コーヒー豆までの道筋~

    Galitebeとはバンナ語で成人の儀式に成功した者。バンナ族の村に初めて行ったときに付けられた僕の名前。成人の儀式をしたわけでもないが通称名Galitebe-ガルテンビ-として僕はいつもバンナ族を訪れる。

     

    時計も文字も無い世界をあなたは見たことがありますか?

     

    村の人々は夜明けとともに農作業や家事を始め、日暮れとともに一日が終わる。そんな彼らの日常には学校やお金や物はほとんど無く、家族と一緒に住んで自分で食べるものは自分で育てる生活スタイルです。

     

    気になった僕は何とかエチオピアでテントを調達し、バンナ族の村にテントを張ってその生活に密着しました。

     

    一緒に時間を過ごしていく中でそのシンプルな毎日がとても魅力的かつ刺激的で僕は心の底からバンナ族の暮らしが好きになりました。

     

     バンナ族が好きになったのをきっかけに僕はエチオピアをもっと知りたいと思いました。

    そしてエチオピアを知っていくうちにエチオピアという国が大好きになりました。

    そんな魅力的なエチオピアの文化やモノを世界に広めたい!僕はそう思うようになりました。

    料理をするバンナ族の既婚女性

    エチオピアの文化や生活をどのようにして広めていくのか

    僕は外国に行くと基本24時間現地の友達と共にいます。

    そうしてエチオピアでエチオピア人の友達と一緒に生活しているとコーヒーが彼らの生活の中にありました。

    コーヒー生産国では普通、コーヒーはあまり飲みません。あくまでコーヒーは”商品”なのです。

     

     しかしエチオピアは生産したコーヒーの約半分を自国で消費するほどの”コーヒー大好き国家”

    朝昼のご飯の後に必ずコーヒーを飲みながら友とゆっくりするのです。

     

    エチオピア国民にとってコーヒーは大切なコミュニケーションツールであり、生活に欠かせないもの。

     

    ”コーヒーを飲む時間”こそエチオピアが誇る最高の文化だと感じたのです。

     

    僕はこの文化をエチオピアのコーヒーを通して世界に広めたいと考えました。

     

    そこから次のエチオピア渡航までにコーヒーのことについて知識を付けなければと思い、猛勉強の日々が始まりました。

     

     そして二度目のエチオピア。現地で情報収集をし、どこの地区の豆がいいかと頭を悩ませている最中、カファ地区出身の人との出会いがありました。決して彼は農園の経営者でもなくコーヒー関係の仕事をしている訳でも無いのですが、カファに対しての情熱や想いを毎日会うたびに熱弁され、ついに僕はカファに足を運びました。

    まずはカファにあるウォッシングステーションをしらみつぶしに片っ端から訪れ、サンプルをかき集めました。

     

    得体の知れない外人がいきなり「コーヒー豆くださーい!」て誰が相手してくれんねやろと思いながら(笑)

     

    その中の一つのウォッシングステーションのオーナーと意気投合し、彼のコーヒーに決めました。

     

    実際、僕の理想は仕事の質を上げてそれに見合った給料を現地の人たちに渡したいのですが現段階では現地での仕事を増やすことが僕が出来る精一杯の事です。

    ゆえにわがままを沢山言いました。

     

    ・森とガーデンのミックスから森からとれたコーヒーだけに

    ・青い実をはじく作業ではなく赤い実を選んで採る作業に

    ・アスファルトベット(パテオ)からアフリカンベットに

    ・ハンドピッキングを2回から3回へ

     

    その他色々。

     

    そのウォッシングステーションのコーヒーはとても美味しかったです。

    そこにさらにGalitebe独自で洗練をかけたのです。

    商談成立後の記念写真
  • About coffee beans

    ~Galitebe coffeeとは~

    さて、本題のコーヒー豆の話に入ります。

     

     

    世界のコーヒー豆の起源であるエチオピア、そしてそのコーヒー豆の原木があるカファ地区。

     

    エチオピアの歴史や文化を広めるにはそこしかないだろうと僕は思いました。

     

    コーヒー豆の質としてはECX認定G1の中からGalitebe独自の基準で選別された最高級のクオリティ。

    通常ハンドピックは2回行われるのですがGalitebeでは特別に

    3回のハンドピックを行っています。

    そうすることによって豆のクオリティが上がるのは勿論、

    現地の若者や女の人などの働く場を少しでも増やそうと考えたのです。

    エチオピアでは田舎の方に行けば行くほど働く場が少なくなり、

    若者たちが働きたいと思っても働く場が無いのが現状です。

    そういった問題をまずはコーヒー豆を通して解消できればと思ったのです。

    エチオピアのコーヒーフレーバーは皆様もご存知の通り、世界の注目の的ですが

    その素晴らしいフレーバーの中でもこのコーヒーは異彩を放っており、

    ”華やかなフレーバーがありながらマウスフィールはまろやか”で、まさに理想的なコーヒーです。

    エチオピアでは数えきれないくらいのコーヒー豆が自生しており、

    現在でも発見されていない豆が山ほどあります。

    そんな豆たちの起源であるカファ産コーヒーは現在

    残念なことに日本ではシングルオリジン・G1の豆はほとんど直接輸入されていません。

     

    ”温故知新”

    古きをたずねて新しきを知る

     

    現代社会では何でも新しいものに目が行きがちですが、その元祖や源を知っている人は

    少ないのではないのでしょうか。

    古いものを現代の技術で最高級のクオリティに仕上げたもの。

    それこそが”本物”です。

     

    そこで僕らはカファにあるウォッシングステーションと前代未聞の直接契約をし、

    エチオピアから外へ出たことのなかったコーヒーの輸出入に成功しました。

     

    この世の中で一番古くからあるコーヒーのスペシャルオリジンブランドを

    まずは日本のコーヒー好きに飲んでもらいたいです。

     

    今後は一つのウォッシングステーションだけでなく人柄や職場の雰囲気を重視した

    Galitebe独特の選定方法で名もなきエチオピアのコーヒー豆たちを

    世界へ進出させていきます。

     

    日本のみならず世界各国に進出していく予定ですので

    エチオピアから日本へ、日本から世界へ打ち出す

    波を皆様に作って頂きたいと思います。

    Galitebe

    -Everything started from Ethiopia-

×
事業者名      株式会社 Galitebe (カブシキガイシャ ガルテンビ)

所在地       〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町5-28-11

メールアドレス   galitebe@gmail.com

電話番号      080-1910-7414

ウェブサイトURL  https://www.galitebe.com

商品以外の必要代金 ・送料
          ・銀行振込手数料
          ・代引きの場合は代引き手数料

お支払い方法    ・銀行振り込み
          ・代金引換
          ・クレジットカード決済

引き渡し時期    注文確定日から一週間以内に発送。発送が遅れる場合にはご連絡します。

返品・交換について 過度の劣化や破損、浸水があった場合には商品到着から24時間以内にご連絡ください。返品送料は当店が負担のうえ、良品と代えさせて頂きます。その他、お客様の都合による返品・交換は承っておりません。
×
利用目的
商品の発送の為、お客様の氏名、住所、連絡先をご提示して頂きますが商品の発送又はGalitebeからお客様への情報発信(告知メール等)以外には使用しません。

第三者への提供
ただし、以下の場合は適用除外となっていますので、本人の同意なく第三者提供を行う場合があります。
・法令に基づく場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
・国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人に同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき